マゴットセラピー研究会

  マゴットセラピーとは?
マゴットセラピー(医療用無菌ウジ治療)とは、ある種のハエの幼虫が動物の壊死組織(腐敗組織)だけを摂取する性質を利用し人体の難治性創傷を治療する方法です。


  国内外の現状
・英国では1995年NHS(国民健康保険)に、米国では2004年FDA(食品医薬品局)に既に
 認可され欧米を中心に広く普及しています。
・2008年現在世界40か国にて難治性創傷の治療に取り入れられています。 
 本邦においては2004年に初めての治療が行われ、以後全国において治療施設が増えて
 きています。


  適応疾患
・糖尿病性潰瘍・壊疽
・下腿潰瘍(虚血性疾患・うっ血性疾患・神経疾患など)
・褥瘡(床ずれ)
・難治性感染創(MRSA,MDRP感染など)
・その他の難治性創傷(術後創、外傷、火傷など)


  作用機序
マゴットセラピーは、3段階の過程を経て難治性創傷の治癒を促進します。
ステップ1:壊死組織の除去
ステップ2:病原菌の殺菌
ステップ3:肉芽組織の増生の促進