マゴットセラピー研究会会則
第1条(名称)
本会は、「マゴットセラピー研究会」と称する。
英文名は、"The Japanese Association for Maggot Therapy ; JAMT" とする。
第2条(事務局)
本会の事務局は、〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5 日本医科大学付属病院再生医療科内に設置する。(TEL:03-3822-2131(代表),03-3822-8168(直通),FAX:03-5685-0987
第3条(目的)
本会は、マゴットセラピー(医療用無菌ウジ治療)の国内における治療技術の進歩と普及を目指し、創傷治療の進歩に寄与することを目的とする。
第4条(事業)
本会は、 学術集会を年に1回をめどに開催する。学術集会では、マゴットセラピーに関する基礎/臨床研究の発表および討議を行なう。その他本会の目的達成に必要な事業を行なう。
第5条(会員構成)
本会の会員は本会の目的、事業に賛同し、所定の手続きを行った個人(原則として医療関係者。学生を含む。)または法人(法人格のない団体を含む)をもって構成し、その名を会員名簿に記載する。
第6条(役員構成・運営)
1. 本会には、次の役員を置く。
  顧問・代表世話人・世話人・監事
2. 代表世話人は、本会を総括し、世話人会ならびに学術研究会では議長となる。
3. 世話人は、世話人会を構成し、学術研究会をはじめとする本会の事業の運営方針を立案し、これを推進する。世話人会は年に1回をめどに開催される。
4. 監事は年1回の会計監査を行う。
第7条(会費)
年会費は学術集会開催時に参加費として納めることとする。
第8条(会計年度)
本会の会計年度は1月1日より12月31日までの1カ年とする。
第9条(会則の改正)
本会の会則に変更の必要が生じた場合は世話人会を随時開催し協議する。
第10条(会の存続)
本会は第1回学術集会より発足し、その存続は、世話人会が3年ごとに討議する。